がんが治った、ガンを治す最新治療法と新薬

がんの最新治療法と、ガンの抗がん剤新薬情報です。
新治療法と新手術法、新治療機器の情報も続々配信中!

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 乳房摘出手術をしない乳がん治療法とは | TOP |

2017.10.30 Monday

抗がん剤副作用の脱毛を予防するには

がん患者は病気や治療そのもの以外にも、様々な痛みに苦しめられる。

化学療法としての抗がん剤や放射線治療が原因の副作用として頭髪の脱毛は、がん患者全員、特に女性にとっては大変な精神的苦痛となる。この精神的な苦痛の緩和のためには、 かつら(ウィッグ)を用いることも有効なのだが、 脱毛自体を予防する方法もあるのだ。

そもそも、抗がん剤治療で頭髪が抜けてしまうのは、 抗がん剤が頭皮に浸透することで毛根細胞を殺してしまうからだ。 そこで、簡易的な対処法として考案されたのが頭皮を冷やすこと。 治療に並行して頭皮を冷却することで血流を弱め、 抗がん剤が頭皮へ浸透できないようにしたのだ。 これによって、頭髪を温存できるケースが多かった。

そして、この手法をより進化させた冷却装置が開発された。がん治療での脱毛を予防する頭皮冷却装置として、 米国食品医薬品局(FDA)に認証を受けたのだ。

脱毛予防装置の名前は「DigniCap(デグニ キャップ)」。 患者はヘッドギア型の機器を装着し、コンピュータ制御によって頭皮が最適に冷却される。 冷却された頭皮の血管は収縮するので、毛根細胞に抗がん薬が作用することを最小化し、 脱毛を防ぐのだ。

Dignicap

当該装置は、ます2015年にFDAで乳がん患者向けに承認された。 当時の臨床試験では、ステージI, IIの乳がん患者122人に対して66%以上の脱毛を半分程度に抑制できた。

その後、当該装置の有効性と安全性を示すデータが論文化されたことで、 乳がん以外のがん治療へも適用が広がったのだ。

残念ながら、小児がんやその他の特殊ながん、治療状況では使えない患者もあるが、 多くのがん患者の頭髪が温存されることは良いニュースと言えるだろう。

精神的なダメージの軽減は、本丸の治療に際して良い結果への繋がる可能性を高めるからだ。

当該装置は株式会社 毛髪クリニック リーブ 21(大阪市)が独占販売代理契約を締結したが、 機器が利用せずとも「頭皮を冷やす」だけでも脱毛予防の作用効果が期待できることは、 覚えておきたいものだ。

19:06 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top